Top

パクリタキセル/歯科医師国家試験過去問題

パクリタキセル/歯科医師国家試験過去問題  

抗腫瘍薬パクキタキセルの標的はどれか 

a 微小管

b ゴルジ体

c 滑面小胞体

d リソソーム

e ミトコンドリア 

解答:a   正解率:41% 

パクキタキセルはタキサン系の微小管脱重合阻害薬である。細胞分裂の際、微召喚は重合して紡錘体を形成し染色体を2つの細胞に分離する。細胞分裂が終わると、微小管は元の状態へと脱重合する。ビンクリスチンなどのビンカアルカロイド系抗腫瘍薬は微小管の重合を阻害しパクリタキセルなどのタキサン系は微小管の脱重合を阻害することで抗腫瘍作用を発揮する。

抗腫瘍薬には、アルキル化薬、白金製剤、代謝拮抗薬、トポイソメラーゼ阻害薬、微小管阻害薬、抗腫瘍性抗菌薬などがある。

 

歯学部予備校 歯学ゼミナールは1~6年生・留年生・国試浪人生を対象にした予備校です。定期試験・CBT・歯科医師国家試験に対応しています。学習塾ESCAと連携し小学校受験から歯科医師になるまでトータルサポートを行っています。歯科医師を目指す学生の皆さんの予備校・塾としてご利用ください。歯学ゼミナール代表・宮川佳子

[お申し込み方法]

こちらからお問い合わせに進んでいただき、必要事項をご入力の上、送信してください。折返し担当者よりご連絡をさしあげます。