Top

第112回歯科医師国家試験について

第112回歯科医師国家試験について

問題の多様化と難易度の差が激しく、簡単な問題でもその難易度さらに上がり、今までで1番難しかった印象を受ける試験でした。

今までもこれからも、70%以上の正解率の問題を正答できなかった学生から合格の可能性が低下していくことには変わりはなく、どの問題も細かい内容の出題が目立ようになりました。

今後の歯科医師国家試験は平易な問題を確実に落とさないということ、低学年からの国家試験を意識した勉強がより重要になることは間違いありません。

 

歯学部予備校 歯学ゼミナールは1~6年生・留年生・国試浪人生を対象にした予備校です。定期試験・CBT・歯科医師国家試験に対応しています。学習塾ESCAと連携し小学校受験から歯科医師になるまでトータルサポートを行っています。歯科医師を目指す学生の皆さんの予備校・塾としてご利用ください。 歯学ゼミナール代表・宮川佳子

[お申し込み方法]

こちらからお問い合わせに進んでいただき、必要事項をご入力の上、送信してください。折返し担当者よりご連絡をさしあげます。