Top

唾液分泌/歯科医師国家試験過去問題

唾液分泌/歯科医師国家試験過去問題

唾液分泌で正しいのはどれか 

a随意的制御を受ける

bイオン成分の濃度は分泌速度に影響されない

c安静時唾液の分泌には日内変動が認められる

d交感神経の刺激で有機成分の濃度が減少する

e安静時の分泌量は顎下腺よりも耳下腺の方が多い 

解答:c  正解率:93% 

唾液は水、電解質、粘液、多種類の酵素からなる。正常では1日あたり1〜1.5L程度分泌される。成分の99.5が水分であり、無機質と有機質が残りの約半分を占める。唾液の機能には、抗菌作用、粘膜保護作用、pH緩衝作用、歯の再石灰化、消化作用、自浄作用などがある。

 

歯学部予備校 歯学ゼミナールは1~6年生・留年生・国試浪人生を対象にした予備校です。定期試験・CBT・歯科医師国家試験に対応しています。学習塾ESCAと連携し小学校受験から歯科医師になるまでトータルサポートを行っています。歯科医師を目指す学生の皆さんの予備校・塾としてご利用ください。歯学ゼミナール代表・宮川佳子

[お申し込み方法]

こちらからお問い合わせに進んでいただき、必要事項をご入力の上、送信してください。折返し担当者よりご連絡をさしあげます。